カテゴリー
不動産ニュース 不動産系スタートアップ

メタバース不動産投資

メタバース不動産投資は検討価値有り?

1/22/2022

今日は話題のメタバース(仮想現実)の不動産取引についてカバーしたいと思います。 

ここ数ヶ月、このメタバースの仮想土地が数百万ドル(数億円)で取引され始めており、これはメタバースが今や現実世界と同じように価値が出てきているという証明となり、世の中を騒がせています。 

メタバースは仮想現実なので、リミットの無い世界です。そのリミットの無い世界の土地が数億円で取引きされているとはどういう事でしょうか? そしてなぜそれに価値があるのでしょうか? 一般大衆には理解しづらいコンセプトですが、メタバースの世界を見ていきましょう。

メタバースとは?:

メタバースは新しいソーシャル活動の形です。現在我々は既に電話やコンピュータを通じて仮想世界と繋がっています。 物も買えるし、遠隔にいる他人とのコミュニケーションも可能です。 この仮想世界とのつながりをもっとリアルにするのがメタバースです。 実際にメタバースの世界はアーティストがコンサートを開催したり、ミュージアムでNFTを展示するなど人々のエンタテイメントスペースとして育ちつつ有ります。 昨年、ジャスティン・ビーバーがこのメタバースでライブイベントを行いましたが、大勢の観客がこのメタバースを通してジャスティンのライブに参加しました。 現在のメタバースの世界はスクリーンを通してか、ヘッドセットを付けての仮想体験となりますが、将来はホログラムなどを使ったより現実に近い世界になると予想されています。 

次に現在のメタバースのメインプレーヤーの紹介:

仮想通貨でビットコインなど、たくさん仮想通貨が存在するように、メタバースにもたくさんのメタバースが存在します。 現在の所、アメリカでは 21のメタバースから仮想土地を購入することができます。 その中でも代表的なメタバースは DecentralandとSandboxです。 

Decentraland:昨年11月にMetaverse Group が234万ドル(約2億6千万円)で土地を購入しました。購入された土地はバスケットボールコートと同じぐらいのサイズでした。 

Sandbox:そしてDecentraland 11月の取引価格を上回る430万ドルの土地の売買取引がされました。投資したのはリパブリックリアルムという投資会社です。 この投資会社はニューヨークのマンハッタンに拠点を構えますが、会社のホームページを見ると日本人のエンジニアを複数抱えています。 昨年、Sandboxで100の仮想土地が各1万5千ドルで販売されました。 現在、その土地を販売すると30万ドルで売れるそうです。(2000%ROII!!)土地の価格は上昇を続けており、ここ数ヶ月で400-500% の上昇を記録しているそうです。 

仮想土地の価値はどうやって決まるか?:

リアルの世界と同じく、ソーシャルネットワーク効果が高い場所は価値があると言えます。 例えば、先程のジャスティンビーバーのコンサートの例があったように、今年はDecentlandで80人のアーティストが集結する4日間のライブコンサートが開催され、5万人がこのライブに参加します。 このようなコンサートの開催される所、人が集まる所は仮想世界でも土地の価値は高くなります。 またアメリカのラッパーであるスヌープ・ドッグが購入した土地の横の土地は周りの相場を大きく超えた45万ドルで取引されました。

誰から土地を買うのでしょうか?:

土地の販売者はメタバースの開発者です。 メタバースの開発者は投資会社からファンディングを受けてこのメタバースの世界を構築しています。Sandbox は数ヶ月前にソフトバンク率いるベンチャーキャピタルグループから9300万ドル(約100億円)の出資を受けています。 

どうやって仮想土地を買うのか? 

メタバースはそれぞれの仮想通貨を持っておりその仮想通貨を購入する事で土地を購入する事ができます。 

仮想土地の希少性は? 

それぞれのメタバースでは土地の販売数を限定しています。 Sandboxは166,000の土地に限定しており、 Decentlandは90,601です。 

今後のメタバースの展望:

現在は非上場のプレーヤーがマーケットを牽引していますが、メタバースのマーケットポテンシャルが大きいという証明は、フェイスブックが自社名をメタに変更し、10ビリオンドル(約1兆1000億円)ものお金をメタバースに投資することを発表している事からも伺えます。 

投資リスク分析:

この領域はまだ黎明期なので、大きなポテンシャルを含みます。現在まだ3万人程度しかこのメタバースの世界に土地を所有していません。 ダウンサイド(リスク)としては、まだこの領域はテクノロジーが確立していないので、現実世界との間に大きなギャップがあり、ゲームの世界の域を抜けていません。 それゆえまだこのメタバースで土地の転売以外に賃貸収入、広告収入などの利益を得ている人はいません。 どのぐらいのスピードで仮想現実テクノロジーの革新が起こっていくか分かりませんが、仮想現実がもっとリアルに、一般大衆が訪れる場所になれば本当に価値があるソーシャルネットワーク効果の高い場所になると思います。そして将来に向けて、戦略的に土地を所有しておく事は良い投資戦略になるかもしれません。 

ハイリスクハイリターンの投資家にとってはワクワクする機会であることは間違いないでしょう。 

カテゴリー
不動産ニュース

11月NY不動産ニュース

<NY不動産マーケット速報>

2021年第3四半期のNY市内の不動産売買はどのプライスポイントでも絶好調な結果となりました。 特に4ミリオン(400万ドル)以上の不動産は今までのNY不動産史上最高の取引件数を記録しました。 

賃貸マーケットでは、NYへの人々の回帰現象とインフレにより、ブルックリンの人気のエリアなどでは、コロナ前に比べても家賃が30%以上上昇しているエリアなどもあります。 同じくブルックリンハイツに住む私も数ヶ月後に更新を迎えますが、コロナ前よりも高い家賃を要求されています。 

NYホテル業界

NYホテルの稼働率はまだ低い水準が続きます。 CBRE のホテルディビジョンによると第4四半期の稼働率は56%に達成する見込みです。(コロナ前は80%を上回っていた) 第3四半期に比べて少しの改善です。 ホテルオーナーはNYのエンタテイメントビジネスが続々と再開している事から、観光客が戻ることを期待しています。 しかしNY市の観光部門は観光客の回復スピードについて悲観的で、コロナ前の観光客数水準まで戻すのは2024年になるだろうと予測しています。 

<遂に、、>

DCのトランプホテル、遂に買い手がつきました。 2019年から売りに出され、話題が絶えなかったワシントンDCにあるトランプホテルですが、遂にマイアミの投資会社との間で375万ドルの契約に入りました。 ホテル自体は連邦政府によって所有され、リース権利のみの売買。 現在は連邦政府のレビュー中です。 売買において、連邦政府に提出された書類では、このホテルへの投資でトランプオーガナイゼーションは70万ドル損失を出している。 買い手の投資会社は購入後、トランプのホテル看板を外し、ヒルトンと組んでウォールドルフアストリアブランドとしてオペレーションを展開する予定です。 

<今月のブログ>

不動産テックの最大手Zillow が全米で展開する iBuyer ビジネスで苦戦している(ブログで詳細解説)反面で、 家を建てて賃貸する投資は高いリターンを誇っており、リスク調整後(Risk adjusted)リターン8%を記録しています。 

今週は不動産テック会社のZillow と短期賃貸ビジネスのアップデートのブログをアップしています。

<ニューヨークストーリー>

バイデン大統領のインフラ整備政策に付随してNYは多額の政策資金を受け取ります。 この資金の使い道として有力候補の一つが、ブロンクスからクイーンズを通りブルックリンに繋がる高速道路の整備です。 古い高速道路を地下に埋め、空いたスペースに公園などを建設するプランなどです。 これらが完成すると、整備を受けたエリアなどは特に不動産価格の上昇に繋がるとの期待もあります。 これ以外にも様々なインフラ整備プランがあります。 世界でも先駆けて公共交通が発達したNYのインフラは年季が入っており、アップデートが必要です。 アジアのような新しくて災害にある程度強いインフラが整備されればNYももっと魅力的な街になると思うので、バイデン大統領のインフラ整備政策に期待です。 

カテゴリー
コンドミニアム投資物件情報

安藤忠雄氏の手がけたアメリカ唯一のコンド in NYC

安藤忠雄氏の手がけた案件としてはアジア以外で初となり、そしてアメリカで唯一の安藤氏プロデゥースのコンドミニアムである152 Elizabeth Street  コンドミニアム。  このノリータに位置する7世帯のコンドミニアムビルは、安藤氏が得意とするコンクリートを使った、ミニマリスティック設計が取り入れられています。 上層階は各階1世帯に限定され、エレベーターからプライベイトキーでのアクセスが可能となるこのコンドミニアムはコンクリート、ガラス、鉄、水、緑のベストハーモニーを心掛けて建築された、20世紀に相応しいビルを意識しています。

安藤氏のこだわりはビルを入ったところから始まります。 一足ビルに入ると暗く落ち着いたインテリアに水が流れる”water wall”が備え付けられ、”聖域”に入ったように住人に感じさせます。 また、4、5階のテラスにはリビンググリーンウォールが採用されており、自然をビルを通じて感じる事ができます。 

トレンディーなエリアノリータに住みながら、静かさを住人にもたらせるように、ガラスは空港で使用される防音レベルのものを採用しています。 

安藤氏の建築の基礎となっている要素である光と水は、空気と音という2つの追加要素でさらに深みを増します。 これらの環境空間属性(光、空気、音、水)を持って住まいのフレームを作成しています。 そしてこのフレームワークに沿って「贅沢」を定義すると、このビルはとても高い贅沢を住人に提供できるコンドミニアムとなります。 

住所: 152 Elizabeth Street New York NY (NOLITA area)

間取 2BR / 2.5 Bath / 広さ 2000 SF   価格 約 $5 M ~ (550万ドル)

間取 4BR / 4.5 Bathrooms / 広さ 4000 SF   約 $11 M ~ (1100万ドル)

カテゴリー
商業不動産物件情報

アッパーウエスト72丁目大通り2店舗+4世帯

アッパーウエストの良好ミックスビル不動産ご紹介

11/28/2021

アッパーウエスト72丁目、駅のすぐ横に位置するビルが魅力的な値段で売りに出されました。 物件はブロードウェイと 72丁目に位置し、人通りの多いメインストリートに位置します。 ネット利回り5%のキャップレートです。売主は買い替え案件(1031exchange)を抱えており売り急ぎの案件のようです。 

1回のテナントはネスレが所有するJennyCraig という、世界700箇所店舗を構える、ウェイトロスマネージメントのビジネスが入っており、2階は教育ビジネス、3、4、5階は4つのアパートが入ってます。 レントスタビライゼーションのユニットは有りません。 

住所: 237 West 72 Street New York NY

土地: 23 x 102.17 feet (2,350 sf)

価格: $7.5M

ビルサイズ: 23 x 94 feet 

階層: 5階建+地下

総床面積: 8,440 SF

空中権: 無し(売却済み)

この72丁目は多くの人通りがあり、ビジネスにとって最適なロケーションです。 一階のテナントのリースは本社によって保証されており、2027年まで期間があり、また現在リース料金もマーケット価格に比べてリーズナブルです。 4階と5階はフロア全体を使った大きなアパートで、プライベートアウトドアスペースもついています。 また簡単なリノベーションを施す事により、家賃を上げることも可能です。 

2つの商業テナント年間賃貸収入 $409,612 

レジデンシャルテナント年間家賃収入 $182,280 

合計家賃収入:

マイナス3%の空室率計上 (-17,757) = $574,135

年間推定経費合計 $197,244 

ネットオペレーティングインカム  $376,891 

CAP RATE: 約5%

カテゴリー
不動産系スタートアップ

短期不動産レンタルビジネスが続々と上場

短期不動産レンタルビジネスが続々と上場 

11/28/2021

短期不動産レンタルビジネスの Vacasa と Sonder 、Inspiratoはリモートワークの恩恵を受けている今のうちに株式上場することを決断し、今季中に申請を行う発表しました。 アメリカの短期不動産レンタルの収入は2019年の9月に比べて 30% 高い数字($3.8 Billion/約4200億円)となり、短期レンタルのニーズの高さが伺えます。 この3社はビジネスモデルにおいて全て違うニッチでオペレーションを行っている会社です。 

Vacasaは2009年に設立されたビジネスで、現在約3万件の不動産を管理しています。 VacasaのビジネスモデルはAirbnb がpeer to peer のビジネスモデルであるのに対して、Vacasa は不動産の管理会社として短期レンタルのオペレーションのメンテナンスなどを手がけるフルマネージメントのビジネスモデルです。 これには24時間オーナー&ゲストのサポート、3D 物件ツアーの作成、そしてアルゴリズムを用いた賃貸価格の最適化のサービスを含みます。 そして収入の25-35%をマネージメントフィーとしてオーナーに加算します。 

Sonderは自社で不動産を所有し、短期アパートで貸し出すビジネスモデルです。 Sonderはアルゴリズムを使い、ターゲットエリアのホテルとAirbnbの収入を算出し、そのデータを元に顧客がいくら滞在費を支払うか予想し、不動産の購買を進め、高い収益性を確保します。

Inspirato は会員制のラグジュリー短期不動産賃貸サービスの提供です。 メンバーは月に2500ドル支払い会員になり、Inspiratoポートフォリオのホテルやリゾートなどに滞在することができます。 Inspiratoは不動産オーナーに新しいラグジュりー不動産の買い方を提案しています。 不動産オーナーは高級なバケーション用の不動産を買い、自分が使っていない時には同社の他のメンバーに短期で賃貸し、全てのメンテナンスは同社任せられるので、手間要らずで、さらにキャッシュフローも産めるというメリットがあります。 同社のポートフォリオの多くの不動産はメンバーによって保有されています。  現在会員数は約12000人です。 ライバルはエアビーエヌビーラグジュリーです。 同社は差別化を図るために、同社のメンバーにはクオリティーの高いパーソナライズサービスを提供しています。 このサービスにはキッチンなどを含む部屋全体のクリーニングサービス、そしてメンバーの旅行のプランニングサービスなどのコンシェルジュサービスも含まれており、アメリカンエクスプレスとホテルのサービスを合わせたようなサービスを提供しています。 

この短期アパートビジネスは現在のトレンドです。 この短期不動産賃貸のビジネスモデルは他にもたくさんニッチが誕生しており、例えば新しいレジデンシャルコンドミニアムが完成して、完売するまでの間、その空いている部屋を短期賃貸で貸すサービスを提供するビジネスモデルなども存在します。 この短期賃貸のビジネスモデルは現在のリモートワークデマンドがある程度終息した際に収入をどれだけ維持できるかが成功の鍵になりそうです。 

カテゴリー
不動産系スタートアップ

iBuyer アメリカ不動産アップデート

Zillow は iBuyer ビジネスを中止する事を発表しました。 

11/28/2021

国内最大手の不動産ポータルサイトのZillow は同社が満を期してスタートした不動産転売ビジネスである ”iBuyers” をクローズする事を発表しました。 

“iBuyers” これは不動産テック会社などの機関投資家がアルゴリズムを用いて将来の不動産の売買価格を予想し、購入し、それを転売して利益を出すというビジネスモデルです。 この不動産テック会社のiBuyersがマーケットに参入する前は、個人の投資家を相手にした”flip house for profit”セミナーが流行り、多くの投資家が手直しの必要な家を購入し、リノベーションした後に転売して売るビジネスに参入しました。 数年前にこの利益に注目してテック会社などが多額の資金とともにマーケットに参入しました。 テック会社の武器はビッグデータと多額の資金でした。  

しかしこのビジネスはすぐに多額の資金流出を招きました。 ビジネスの中止により、Zillow は現在抱えている在庫の処分を始めていますが、抱えている66%の不動産在庫は買った値段よりも低い値段で取引されるようです。 Zillow がこのiBuyer ビジネスをスタートしたのはつい最近のことですが、このビジネスで計上した損失は500ミリオンドル(約550億円)にも上ります。 Zillow は国内で一番多くのデータを保有するテック会社であり、そのZillow がこのビジネスを成功させられないと言う事は、他の競合会社(iBuyers)である Opendoor やOfferpadはこのビジネスを成功させることができるのか? との疑念が広がりました。 Zillow は今回の決断について”マーケットが予測できない為”と発表しているが、理由は多大なオペレーション損失から来ているは確かで、今のアメリカの歴史的な不動産価格上昇の局面でさえ、多額の損失を出していると言うことは余程このビジネスモデルがマーケットにフィットしていないかという事が伺えます。この転売ビジネスモデルの鍵の一つは、リノベーションが必要な案件を現金で安く買い、リノベーションをして転売すると言うことです。  

数年前にZillow がこのビジネスをスタートさせた際にはテキサスのフェニックスエリアから始めました。 理由はテキサスの家は同じような企画の家が続いており、価格を予想しやすいと言う事でした。しかし、他のマーケットに拡大していった際に問題が発生してきていました。それはNYなどの都市では家の企画もデザインも様々で、価格を予想するのが難しいと言う事です。 

また多くのビッグプレーヤー(機関投資家)がこの中古不動産マーケットに参入した事でマーケットが飽和してきている事も挙げられます。  Zillowの他にもiBuyer の競合は存在し、さらにテック会社だけではなく、不動産仲介会社もこのリノベーション費用のニーズに注目し、仲介媒介取得の代わりにリノベーション費用の貸付サービスを売主に提供するなどの戦略を採用しています。 また不動産系だけでなく、金融会社であるブラックストーンなども投資会社を通じて大量に中古の家を買っています。 

総じて失敗の原因は不動産のローカルの知恵をビッグデータではカバーできなかった事とマーケットが飽和してきている事が挙げられると思います。 オペレーション上の失敗:テック会社によくありがちな、リアルサイドのオペレーションがうまく行かなかったのではないかと言うこと。 ボロボロな家を購入した後のリノベーションは、データではなく、住まいのセンスが必要で、特にNYのようなそれぞれの不動産がユニークなマーケットでは家とエリアにあったリノベーションをする事が必要ですが、そのローカルの知恵をデータでカバーする事ができなかった事が挙げられると思います。株を買って転売するのと違い、不動産の買値は人の感情を反映する商品なので、家の放つバイブまで読み取らないといけません。そこを読み切るだけのビッグデータが集まっていないという事でしょう。 後は飽和しつつあるマーケットで、売り上げを達成する為に無理な価格で買っているという事です。 価格を予想できなかったというよりも、データを無視して買い進めていたのか?? いずれにしてもまずいオペレーションですね。 

この結果を受けて、Zillow 社の株は 約40%下がりました。 さてこの巨大な不動産ポータルサイトの利益創出はどこに向かっていくのでしょうか。 以後、注目が集まります。 

カテゴリー
不動産ニュース

10月 NYニュース

ニューヨーク市の職員30万人がオフィスフルタイムに戻りました。 また、ファイナンス系などのオフィスも10月に入り続々とオープンしてきており、マンハッタンも忙しさを取り戻しつつあります。 マンハッタンの家賃中間値もコロナ前に比べて約5%ダウンとマーケットが元に戻ってきています。

アメリカ建国の父トーマスジェファーソン

ニューヨークの立法院にたたずむジェファーソン像を部屋から取り去る旨の採決が行われ、全票一致でこの像を取り去る決定が行われました。ジェファーソンはアメリカ建国の父としてアメリカ憲法の草案を行なった人物として知られています。 憲法では全ての人間は平等であるとしながら、自身では奴隷を600人所有した”複雑”な背景を抱える人物で、近年の人権運動である”Black Lives Matter”から派生し、全国のジェファーソン像が次々と破壊される事件が起こっていました。この像は約180年前に造られ、約100年間ニューヨークの立法院に存在しました。 ジョージフロイド殺害から始まった人権運動は確実に国の歴史と現在起っている事を振り返る大きなきっかけになりました。 NY市内は白人の割合が5割をきっており、更なる多様化が進む世界に先駆けた未来都市のあり方を示しているのかもしれません。

カテゴリー
コンドミニアム投資物件情報

NYアイコニック建築家イアンシュレーガー建築のコンドミニアム

NYでアイコニックな建築家であるイアンシュレーガー氏建築のコンドミニアム。 ノリータとローワーイーストサイドの境界に2016年に建設され、注目を集めたPUBLIC HOTELのレジデンス部分。 11ユニットしかないこのレジデンスコンドはスタイリッシュなホテルのアメニティーも利用で、ダウンタウンの理想的なライフスタイルが可能です。

 215 Christie Street New York, NY / 築年数 2016

建築家:イアンシュレーガー(Ian Schrager)

#26W – $3,995,000

間取: 1BR (Convertible 2BR) / 1.5 Bathroom

広さ:1,361 SF (126平米) / $2,935 per ft²

月固定資産税 $2,602

月共益費用 $2,596

#29W – $6,995,000

間取: 2BR / 2.5 Bathroom

広さ:1,977 SF (183平米)/ $3,538 per ft²

月固定資産税 $4,316

月共益費用 $3,800

カテゴリー
商業不動産物件情報

成長著しいローワーイースト26世帯+2店舗ビル

安藤忠雄建築のニューヨーク唯一のコンドミニアムからもすぐ側の成長著しいローワーイーストの物件。 将来のポテンシャルも抜群。

住所 299 Broome Street NYC 10002

価格 $9,250,000

ビル床面積 15,060 SF (1,399平米)

ビルサイズ 33 x 87.5 feet (10 x 26.6m)

土地サイズ 2,873 SF (266平米)

階層 7階

収入/レントロール

*5つのユニットは現在空室で年間家賃収入はこの空きユニットの想定家賃を入れた数字です。 全てのユニットはレントスタビライゼーションです。

経費:

経費は売主ブローカーから提供された物で、想定となります。

合計年間レントロール収入 $574,621

年間想定経費 $134,012

Net Income (est.) $440,609

Cap Rate (est) 4.7%

GRM (買値/レントロール) 16

カテゴリー
不動産マーケット情報

全米の家賃上昇トレンドについて

全米の家賃上昇傾向に関するトピックスです。

10/12/2021

もし現在住まいを賃貸しているなら、次回のリース更新の際に賃料のアップを目の当たりにする事でしょう。 実際、今年末までの家賃水準は、パンデミックが発生しなかったと想定した家賃水準よりもさらに高くなると予測されています。 2020年を通して、家主が空のユニットを埋めるのに苦労したため、多くの賃貸人は賃料の値下げや数か月の無料賃貸期間などの恩恵を受けることができました。 しかし、これらの賃貸優遇はほぼ無くなっており、Covid-19の規制がなくなっていくにつれ、住宅需要も急増してきており、家主は価格を引き上げ始めています。 Covid以前から賃料が上昇していましたが、コロナウイルスが問題を悪化させました。 賃貸物件リストサイトのApartmentListのレポートによると、2021年の全国の家賃中央値の延びは、2017年、2018年、2019年の最初の6か月間でわずか3.3%であったのに対し、2021年には11.4%の増加しています。 今年の平均家賃の伸びは、米国の100の大都市のうち98都市でパンデミック前の水準を上回っています。

Zillowのアナリストは、雇用市場の確実性が高まったことや、パンデミックの制限が終了したために若者が自分自身の場所を確保する為の引っ越しが活発に行われている事など、さまざまな理由で家賃が急騰していると述べています。 2020年に多くの人が都市を離れ、コロナ禍は家族と一緒に住むなどの現象が起こり、賃貸需要が停滞しましたが、現在は逆転しています。

人々は今、自信を取り戻しており、これらが多くの賃貸需要をもたらしているとアナリストは結論付けています。住宅費が高騰しているのは大都市だけではありません。 Apartment Listの調査によると、過去数年とは逆に、アイダホ州ボイジーなどの中規模市場の価格は、サンフランシスコなどの大都会の市場よりも急速に上昇しています。近い将来において家賃が再び下がる傾向は見られませんとアナリストは付け加えました。 

物価、賃料などのインフレは避けられそうに有りません。  

参考:CNBC https://www.cnbc.com/2021/08/18/why-rent-is-about-to-go-up-again.html?utm_campaign=Monthly%20Member%20Newsletter&utm_medium=email&_hsmi=157035882&_hsenc=p2ANqtz-9lp3pVRvwjBWA4qO30II3WCvj6Cfnu05ijRjnalbBQG4t8k3LpjDrapi5ERtuPBHREAAL48pIlGKPZAGhBbxwi04r_zA&utm_content=157035882&utm_source=hs_email

カテゴリー
不動産マーケット情報

アメリカ建築協会が発表する住宅トレンド動向

アメリカ建築協会が発表する人々の住まいに対する要望&トレンド動向

10/12/2021

最新のアメリカ建築協会(AIA)の調査によると、現在、ウェルネスデザインと住宅の安全性に強いトレンドがある事が分かりました。

これは現在パンデミックが及ぼしている人々の生活空間に対する考え方が、各地で起きている自然災害によってさらに深刻化していると言う事です。 9月22日にリリースされたこの四半期調査では、屋外スペースの改善、複数のホームオフィス、エクササイズスペース、バックアップ発電機やハリケーンに強い設計などの安全機能に対する需要が急増していることが示されています。「アウトドアスペースとホームオフィスは以前から人気がありました」とAIAのチーフエコノミストは述べています。 しかし、その需要が劇的なスピードで増えました。 一つではなく複数の洗濯設備の需要、パティオヒーターなど住宅所有者がまた別のシャットダウンなどに備えてより長く家に居る事を想定した準備をしたいと言う事が示されています。 また、ハリケーンのような大惨事の際にも対応できる発電機や断熱材、その他の機能に対しての需要が高まったきています。 今まで「100年に1度」だった自然大災害は、現在ははるかに頻繁に発生しており、住宅所有者はこれを心配しています。

アウトドアリビングスペース

これは調査のトップトレンドであり、回答者の屋外スペースの需要は昨年と比較して61%から70%に増加しました。 旅行が減ったことで、そこで浮いたお金を利用することで、自分達のアウトドアスペースをより魅力的な場所に改善しています。 

複数のホームオフィス

ホームオフィスも以前からトレンドに有りましたが、今までは1つのホームオフィスを共有で使うことで事足りていました。 しかし、昨年からは2人の大人が同時にリモートワークを行ったことで、エクストラのホームオフィスの需要が急激しました。 AIA調査調査ではこの需要は、2020年の24%から今年は48%へと2倍以上になりました。 またスペースは従来のラップトップ作業スペースとしてだけではなく、「ズームルーム」としてバーチャルミーティングのスペースとして利用されます。 これらのスペースは十分な自然光と静けさが確保できるスペースでなければいけません。 

エクササイズ&ヨガルーム

多くのジムやスタジオが今年から再開されましたが、在宅フィットネス&ヨガスペースの需要は23%から39%に急増したとAIAは報告しています。 昨年のPeloton(エクササイズバイク)の購入の急増は、この動向と関連している可能性がありますが、多くのヘルス健康志向の人は、現在でも商業スペースでの密集した場所を避ける傾向が有ります。 

災害計画

住宅所有者は、自然災害が起こった際も、安全、健康、その他の機能を確保できる家を求めています。 これには、バックアップ発電機の追加(2021年の需要は60%、昨年は46%)と、プラスソーラーパネルの需要も17%の増加しました。これらの電気のバックアップ設備は、自宅で仕事を行う人、電力を必要とする医療機器を使っている高齢者などにとってとても重要です。 コロナの初期に多くの高齢者がナーシングホームから自宅へ戻った事で、これは安全確保の為の最低要件になりました。

住宅改善需要の増加

AIAの報告によると、人々はこの1年以上の間、ずっと家にいるので、家をリモデルしたり、スペースを改善をしたいという要望が強くなっているようです。 セカンドハウスを改善したいと言うニーズも同様です。 これは、昨年のマイナス2%(全員がロックダウンされたとき)から今年は35%に増加しました。 今はアメリカ人は自由に動き回る事を楽しんでいますが、それでも可能な限り安全な方法を取りたいと考えており、自分達のセカンドハウスで休暇を取っています。

パンデミックと自然災害が人々の住宅に対する要望に変化を与えており、そしてそれは加速していると言うトピックでした。 

参考:フォーブスhttps://www.forbes.com/sites/jamiegold/2021/09/23/latest-aia-survey-shows-strong-wellness-design-and-home-safety-trends/?ss=real-estate&sh=4433d7944bc1&utm_campaign=Monthly%20Member%20Newsletter&utm_medium=email&_hsmi=167049471&_hsenc=p2ANqtz-90vIVe87eyqhfG9DPwqyYrv2f_xi9WjORuPcNiwL7782Pq3CrNG3nuFe3XTCcjEspD4fI6XwhoUTpmK7GsZF1EAtz9mA&utm_content=167049471&utm_source=hs_email

カテゴリー
コンドミニアム投資物件情報

トライベッカのアイコンビル 56 Leonard Street

一際目立つトライベッカのランドマークタワー。 2016年に完成したこのビルはプリツカー賞を受賞したスイスの建築家(ヘルツォーク&ドムーロン)によって設計され世界中から認知されるアイコンビルで、145ユニットのうち、同じ間取りはビルの中に5つしか存在せず、またマンハッタンのパノラマビューがどの部屋からも楽しめるように設計され、またプライベートのバルコニーも有ります。 フロアトゥーシーリング(床から天井に渡る窓)が取り入れられ、室内に光を最大限に取り入れる造りとなっています。 60階建ての56レオナードは、芸術と建築のシンボル的存在であり、ビルにはオリジナルのアニッシュカプーアの彫刻もあります。  ここ数十年でダウンタウンのスカイラインに登場した最も魅力的なビルと呼び声高い56レナードには1,600平米のアメニティーが有り、75フィートのインフィニティプール、屋内/屋外劇場、屋外サンデッキ、フィットネスセンター、トリートメントルーム、スチームルーム、サウナ、ラウンジ、子供用プレイルームがあります。

56 Leonard Street New York NY

#19AE 

価格 $2,995,000

広さ 1,027 sf

間取り 1BR/ 1bath

月固定資産税 $1,314 

月共益費 $1,392 

#24BE

価格 $4,950,000 

広さ 1,668 SF

間取り 2 BR/ 2.5 Bath 

月固定資産税 $2,111

月共益費 $2,275